MVNOを使ってソフトバンクのiPhone5からiPhone6sに乗り換えはお得なのか?

NO IMAGE

ついにMVNOに乗り換えました。

私の周りでは今年のはじめころからちょこちょことMVNOに乗り換える人が現れたので、ずっと気になってました。

MVNOの解説としてはこちら。

MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」、日本語では「仮想移動体サービス事業者」を指します。携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。

参照:マイナビニュース

だいたいこういった業者の借り受け元はドコモなど大手の通信社になるのですが、既に多数のMVNO業者が現れて回線の様々なプランを展開しています。

iPhone5の契約が二年経ち機種代金の割引が終了したのと、秋にもiPhone6sが発売されるとのことだったので、新機種が発売されたこのタイミングでソフトバンクから切り替えることにしました。

きっかけ

さて、なぜMVNOに行こうと思ったのかについて触れておきますが、私は常日頃から大手キャリア(docomo/au/SoftBankなど)のプランに不満を持ってました。

二年経ち、iPhone5の機種代金の割引サービスが完了したのにも関わらず、実際は月々の支払いが安くなることはありません。それは、ご存じの皆様も多いと思いますが機種代金自体を二年かけて割り引いてるのではなく、機種代金相当の通信費を割り引いてるからですね。

二年経って割引サービスが終了したので月々の支払いがむしろ若干高くなってます。

キャリアの二年縛りの契約も腑に落ちない方はたくさんいると思いますが、私もそのうちの一人です。二年に一度の更新月と呼ばれる期間以外での解約に違約金が取られるなんて納得できません。(今回iPhone6sに合わせた為に泣く泣く違約金を払って解約しますが。)

私の月々の平均パケット量は家と職場にWi-Fiがある為、3GB弱で済んでいます。通常の通話もほとんど使わなくなりました。たまに必要になることはありますが、普段はLINE通話で十分です。キャリアのアドレスも今では使ってる方はほとんどいないんじゃないでしょうか?LINEやFacebookなどあれば知人とのコミュニケーションはだいたい事足ります。

以上の事を鑑みて、月々8,000円~9,000円の通信費は割に合わないと感じました。

MVNOのプランでは月に使用する回線の使用量を指定してプランを選ぶ事が出来ます。もし足りなくなっても追加購入できるので安心です。自分の使用量に合わせてプランを選ぶ事ができるのでひと月にそこまで回線を使用しない人にとっては月々のランニングコストを大幅に抑える事が出来るのです。

契約業者

今回、ちょうど10月よりiPhone用のSIMプラン「for iPhone」を扱いだしたFREETELで契約することにしました。AppStoreのパケット使用量がなんと無料です!

まぁ実際は、AppStore自体そこまで頻繁に使わないので私にとってはそこまでメリットはないのですが、契約する決め手になったのは月々の基本料金が使った分に応じて変動することです。

他の業者のプランもたくさん見ましたが、ほとんどが契約時にプランを指定し、プランをすぐに変更する事は可能ですが、手続きが必要でしたので、その辺がわずらわしいかなぁと思いました。その点FREETELは使った分で料金を決めますので、全然使わなければその分安くなることも可能です。

私の場合、さきほども述べましたが、月平均3GB弱のパケット使用ですので、音声通話付きプランで1GB~3GB程度の使用を想定すると1,600円程度で済みます。

今まで8,000円も払っていた通信費が大幅にコスト削減されます!やった~!

MVNOのデメリット

さて、通信費が大幅に安くなったとこで手放しで喜んではいられません。MVNOにもデメリットがあります。それは機種代金の割引がないことです。なのでMVNOをはじめるにあたって、SIMフリーの機種を持ってなければ機種購入の分の初期費用が掛ります。

掛るコスト

今回iPhone6s(64GB)を購入するので、106,704円の出費が掛ります。

ソフトバンクから切り替えるとなると、解約金と切り替え手数料も掛るので、さすがに10万円ぽんと払うのは厳しい。。。なのでアップルローンを使って分割で支払うことにしました。

アップルローンは私の契約した段階では、12ヶ月までであれば金利0%でしたので12回払いに決めました。

106,704円を12分割で支払うと月9,000円ほどになります。通信費と合わせると10,600円。あれ?今まで8,000円払ってたのが10,600円?これはランニングコストが高くなってしまいました。

そう。最初の一年は今までより支払いが多くなってしまいます。しか~し、一年経てば月々2,000円弱になります!途中で業者を変更しても違約金は掛りません!縛りがなくなるのはうれしいですねぇ!

ソフトバンクとMVNOでどれだけの差があるのか?

さて、2年くらい経てば当然機種費用もカバーできるほどお得になる予定なのですが、いったいどのタイミングでソフトバンクよりもお得になるのか損益分岐点を計算してみました。

ソフトバンク SB累計 月々の通信料 SB解約料 SIM事務手数料 機種代(106704円) 月々の支払 SIM累計
2015年10月 1ヶ月 8,000 8,000 1,640 13,500 3,240 0 18,380 18,380
2015年11月 2ヶ月 8,000 16,000 1,640 0 0 9,904 11,544 29,924
2015年12月 3ヶ月 8,000 24,000 1,640 0 0 8,800 10,440 40,364
2016年1月 4ヶ月 8,000 32,000 1,640 0 0 8,800 10,440 50,804
2016年2月 5ヶ月 8,000 40,000 1,640 0 0 8,800 10,440 61,244
2016年3月 6ヶ月 8,000 48,000 1,640 0 0 8,800 10,440 71,684
2016年4月 7ヶ月 8,000 56,000 1,640 0 0 8,800 10,440 82,124
2016年5月 8ヶ月 8,000 64,000 1,640 0 0 8,800 10,440 92,564
2016年6月 9ヶ月 8,000 72,000 1,640 0 0 8,800 10,440 103,004
2016年7月 10ヶ月 8,000 80,000 1,640 0 0 8,800 10,440 113,444
2016年8月 11ヶ月 8,000 88,000 1,640 0 0 8,800 10,440 123,884
2016年9月 12ヶ月 8,000 96,000 1,640 0 0 8,800 10,440 134,324
2016年10月 13ヶ月 8,000 104,000 1,640 0 0 8,800 10,440 144,764
2016年11月 14ヶ月 8,000 112,000 1,640 0 0 0 1,640 146,404
2016年12月 15ヶ月 8,000 120,000 1,640 0 0 0 1,640 148,044
2017年1月 16ヶ月 8,000 128,000 1,640 0 0 0 1,640 149,684
2017年2月 17ヶ月 8,000 136,000 1,640 0 0 0 1,640 151,324
2017年3月 18ヶ月 8,000 144,000 1,640 0 0 0 1,640 152,964
2017年4月 19ヶ月 8,000 152,000 1,640 0 0 0 1,640 154,604
2017年5月 20ヶ月 8,000 160,000 1,640 0 0 0 1,640 156,244
2017年6月 21ヶ月 8,000 168,000 1,640 0 0 0 1,640 157,884
2017年7月 22ヶ月 8,000 176,000 1,640 0 0 0 1,640 159,524
2017年8月 23ヶ月 8,000 184,000 1,640 0 0 0 1,640 161,164
2017年9月 24ヶ月 8,000 192,000 1,640 0 0 0 1,640 162,804
2017年10月 25ヶ月 8,000 200,000 1,640 0 0 0 1,640 164,444
2017年11月 26ヶ月 8,000 208,000 1,640 0 0 0 1,640 166,084
2017年12月 27ヶ月 8,000 216,000 1,640 0 0 0 1,640 167,724
2018年1月 28ヶ月 8,000 224,000 1,640 0 0 0 1,640 169,364
2018年2月 29ヶ月 8,000 232,000 1,640 0 0 0 1,640 171,004
2018年3月 30ヶ月 8,000 240,000 1,640 0 0 0 1,640 172,644
2018年4月 31ヶ月 8,000 248,000 1,640 0 0 0 1,640 174,284
2018年5月 32ヶ月 8,000 256,000 1,640 0 0 0 1,640 175,924
2018年6月 33ヶ月 8,000 264,000 1,640 0 0 0 1,640 177,564
2018年7月 34ヶ月 8,000 272,000 1,640 0 0 0 1,640 179,204
2018年8月 35ヶ月 8,000 280,000 1,640 0 0 0 1,640 180,844
2018年9月 36ヶ月 8,000 288,000 1,640 0 0 0 1,640 182,484
2018年10月 37ヶ月 8,000 296,000 1,640 0 0 0 1,640 184,124
2018年11月 38ヶ月 8,000 304,000 1,640 0 0 0 1,640 185,764
2018年12月 39ヶ月 8,000 312,000 1,640 0 0 0 1,640 187,404

 

作成した表によると、来年の11月から機種代金の支払いが完了して通信費のみになるのですが、まだ損益分岐点には達してません。黄色く目印をつけた再来年の5月である20ヶ月目にようやく元を回収する形となっております。(長い!)

mvno_grah

損益分岐点が分かりやすいように折れ線グラフも作成しましたので、参考までに掲載しておきます。

まとめ

元を取るのにちょっと時間が掛りますが、契約も機種も縛られることはありません。海外に行く時は、海外用のSIMを差して使う事も可能です。(今のところ行く予定は無いけど。。。)

今回の乗り換えは、更新月以外の解約による違約金と、高額なiPhone6sでコストが掛ってしまいましたが、もし更新月の乗り換えであったり、もっと安価なAndroid端末であればかなりコストを抑えることが出来ます。

この記事では実際に私が乗り換えをするにあたってのケースを紹介しましたが、同じように現在たいして通信費を使っていないのに限られたプランの中で高額な通信費を支払っている方もいらっしゃると思います。この機会に、SIMフリーを使ってMVNOによる契約という手段も考えてみてはいかがでしょうか?