情報を繋げる扉 ウェブトビラ

*

WordPressでサイトを作成すると高くもなるし安くもなる

   

このエントリーはWeb初心者向けです。

WordPressを利用すれば簡単にできるでしょ?簡単に出来るってことは費用抑えられるでしょ?そんな「WordPress = 格安制作」な意識を持った方が一定数いるようなので、結局のところどうなのかを解説していこうと思います。

まずは、いくらなら高くていくらなら安いのか?なんて価値観の問題だと思いますが、制作の実情をよく知らない人は10万~20万くらいの予算を想定して見積もりを依頼してくる人も結構います。そういった方々に40~50万の見積もりを提示するとまぁ大抵そこで終わりです(笑)

ってことで、なんでオープンソースで無料で提供されているソフトウェアを使っているにも関わらず数十万~数百万平気で掛ってしまうのかを説明します。

WordPressで制作を高くなる理由

世の中には数百万もするCMS(管理ソフト)もある中WordPressは無料で提供され、誰でも使用することが出来きる大変ありがたいCMSです。

ソフトウェア版をサーバーにインストールして運用するには多少専門知識が要りますが、慣れればとても簡単に設置することが可能です。

無料でたいした労力を必要とせずインストールしてサイトが立ち上がった。そんな状態で運用するのであればそれはそれは格安で提供することができるでしょう。しかし、オリジナルでデザインを作成しているならテンプレートをカスタマイズして機能を追加していかねばなりません。

WordPressは基本はブログソフトです。デフォルトの構造はブログになっています。そこから意図する構造へと調整していかねばなりません。

備わっている更新の仕組みも、カテゴリ・タイトル・日付…etc、と案件によって細かい調整を必要とするので、テンプレートにhtmlとphpを組み込んでいきます。

  • 仕様の打ち合わせ
  • デザイン作成
  • サイトの構築(コーディング)
  • WordPressのインストール
  • WordPressのカスタマイズ
  • デバッグ
  • 校正
  • 公開

上記にざっくりと作業を並べましたが、簡単無料な部分はインストールの部分のみです。デザイン・構築・カスタマイズの部分はそれなりに工数(作業量)を掛けることになります。

仕様が複雑であればその分手間が掛るので、それに比例してコストが高騰するのは自然なことです。

何も専門分野で素人には扱えないだろうからぼったくってやろうなんて考えてません。(中にはそんな業者もあるかもしれませんが。。。)

WordPressで制作を安く済ませる方法

しかし、WordPressを使って安くサイトを上げる事も可能です。それは有りものベースで作り上げることです。

WordPressには豊富なテーマ(デザイン・機能)が用意されており、ビジネス用にカスタマイズされたものも多数存在します。自分のサイトに見合ったテーマを見つけて組み込めば、部分的な差し替え(画像や文言など)を行うだけで高機能のサイトを用意する事が可能です。

  • 仕様の打ち合わせ
  • WordPressのインストール
  • テーマの調整
  • 校正
  • 公開

デザイン・構築・カスタマイズといった作業ボリュームのある部分のコストを、既存のテーマを利用することによって大幅にカットすることが出来ます。

ちなみに、WordPress.orgの公式として提供されているテーマは全て無料でインストールして商用利用が可能です。

公式テーマで気に入るものがなければ、有料で提供されているテーマを購入する手もあります。

一つ気をつけてほしいのが、非公式のテーマは公式の審査を受けていないので、ウィルスがしこまれている危険性もあるということです。あやしいサイトのテーマ(とくに無料の非公式のテーマ)は気をつけましょう。

状況によって使い分ける

デザインも機能も優れているのであれば、全部既存テーマで作ればいいだろう!ってなりますが、既存テーマは広く提供されているので、似たようなサイトが複数存在することになります。それを考えるとオリジナリティに欠けます。つまり個性を出しづらいのです。

また数多のテーマがあるとはいえ、機能要件が複数あるとそれに見合ったテーマを中々みつけることができません。

制作の依頼をしてくるクライアントにも二パターンあるのですが、「今サイトを持っていないからとりあえずほしい」クライアントと、「こういうことをネット上で実現したいからこんなサイトがほしい」というクライアント。

前者のクライアントは、サイトの設置に強い目的を持っているわけではないので予算をあまり割いていない場合が多いです。既存テーマを使用して安くでサイトを制作することに向いているでしょう。

しかし、目的を持ってサイトを作りたい場合は、デザインや機能をオリジナルで制作しなければならない状況が多いです。その分コストが膨らむのは当然といえるでしょう。

予算を抑えたい、もしくは事足りるなら既存テーマを使えばいいし、事足りないのであれば、費用対効果を考えて予算を組めばいいと思います。

まぁたとえサイト制作に100万円掛っても、それ以上の利益をもたらしてくれるのであれば、安いでしょ?1円の利益ももたらしてくれないのであれば、5万円だって高いと考えるはずです。

目的に応じて予算を組み、その予算内で収まるのであればオリジナルのカスタマイズサイトを作成すればいいし、予算が足りないのであれば、機能を削る・既存のテーマを使うなど、どこまで妥協できるかを考えればいいと思います。

 - Web制作, WordPress

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

SublimeTextでPackage Controllでエラーが出たので対処した

新たに機能を追加しようと思い、Package Contoroll(windows …

jQueryの処理が二回起こってしまった原因

jQueryの処理でリストを6つ表示してボタンを押すごとに6つずつ表示させていこ …

利用頻度の高いWordPressのプラグイン紹介

私が普段仕事でWordPressのサイト構築をするにあたって良く使うプラグインを …

WordPress 4.5系で出たboxer jQuery のエラーを修正

組み込んだjQueryのboxerの動作がどうしてもうまくいかない。。。 ローカ …

レスポンシブウェブデザインで印刷(プリント)に対応させるCSSの読み込み指定

レスポンシブ対応でサイト制作をしてる際、お客様からプリントしてもレイアウト崩れて …

技術職のコストが高い理由?

お客様に見積もりを提案してこちらは一般的な料金で提案したにもかかわらず、高いと思 …

よく広告で見かける「格安ホームページ(サイト)制作」の中身とは

ネットを閲覧していると、制作の仕事をしている関係上よくホームページを「49,80 …

WordPressで検索結果(search.php)にツールバーが出なかったときの対処

WordPressで検索結果ページを作成しているときに、結果一覧ページに管理画面 …

WordPress基本テンプレート覚書

しょっちゅういじってれば忘れる事ないと思うけど、覚えているつもりでも、間があくと …

WordPressで条件分岐で使ってメタ情報とタイトルをページごとに出し分ける

WordPressでSEOを考慮して各ページごとにタイトルやメタ情報を条件分岐で …