情報を繋げる扉 ウェブトビラ

*

絶対にあきらめない迷惑な営業電話は突然やってくる

      2015/05/14

PAK74_denwadekiregimi1209500

最近同じ会社からしつこく営業の電話が掛ってきてます。
不動産会社からの営業の電話です。一度断ったと思ったらまた別の営業から・・・とキリがありません。同じ会社で名簿を使いまわしているんでしょう。。。

こういった営業の特徴としては、とりあえず「所長いますか?」みたいな感じで名前を使いません。電話番号の載った会社名簿は持っていても、所長の名前までは知らないからでしょう。

比較的規模の小さな会社であれば、社長に。
大きな会社の部署であれば、部長に。
事業所であれば所長に。

経営者や管理職レベルであれば比較的お金に余裕を持っていると思っているのでしょうか?

しかし未だに電話による飛び込み営業ってあるんですが、それって効率としていいのでしょうか?
ネットでいくらでも情報を探せる時代になって胡散臭い営業に引っ掛かる人がどれくらいいるのだろうか?

絶対にあきらめない迷惑な営業電話は突然やってくる

電話営業で思い出しましたが、昔勤めていた会社にも部署の課長宛てに頻繁に営業の電話が掛って来ていた事がありました。しかもそれが尋常ではないレベル。

「絶対にあきらめる事のない迷惑な営業電話」を目の当たりにすることがありました。

それまでは不動産営業の電話ってまぁたま~にあるよねぇってレベル。

「すいません。興味がないので~」とか「ちょっと今忙しいので切りま~す」

みたいな感じで適当にあしらっていました。
しかし、あるときに受けた電話が意地でもあきらめないんです。

じゃあ無理やり切ればいいじゃんって思うじゃないですか。ところがすぐにかけ直してくるんですね。切っても切っても掛け直してきます。掛け直して課長を指名してきます。
ターゲットにされた課長もたまったもんじゃありませんが、それを取り次ぐ他の社員も何度も生産性のない電話を取り次ぐので仕事に支障がでてきます。

ある社員は、少々おまちください。と言ったまま五分くらい放置したり。

社員「すいません。そちらからの電話はおつなぎ出来かねます。」
営業電話「ガチャッ」
営業電話「プルルル」(←切ってすぐに掛け直してくる)

そんなやり取りで一旦はおさまるんですが、翌日に同じようなやり取りが始まります。

なんだこれ。いやがらせか?それとも、この課長に成約させないと自分の命が危ういのだろうか(笑)
まぁでもブラック企業の営業職なんて電話にかじりついて一日中電話。上司の前で営業させられて絶対にアポとるまであきらめは許さん!みたいなやりとりがあると聞きますから。
にしても散々断って迷惑までかけてるのにそんな顧客が最後はあきらめてマンション買ってしまうような展開がありえるのか?いや、ないだろう。最終的には法的手段にでそうだが。。。

いつものように絶対にあきらめない迷惑な営業電話に掴まってしまった課長が意地になって営業電話とバチバチやりあってました。

課長「なんでこんな電話してくるんですか?迷惑かけてるの分かってないんですか?」

電話営業「え?バカにしてるんですか?あなた電話でいつもそんな対応をしているんですか?」

もう話がすでに不動産を売りこもうというものでも何でもありません。

10時くらいから始めちゃったな~って見てたらお昼になってもず~っと話しているし、ランチ行って帰ってきてもまだ話をしてるんですから。
部署の社員も営業電話にあきれてますが、それにトコトン付き合う課長にも苦笑い。

さすがに仕事もあるので何時間も営業電話とやり合ってたのはその一回限りでしたが、こんなしつこい電話が何日も続いてさすがに部署内の問題要件として会議でも取り上げられました。

最終的に迷惑電話を断ち切った方法

色々と対応策案が出ましたが、最終的にはNTTの着信拒否設定を行いました。

参考:いたずら電話・無言電話・間違い電話など迷惑電話でお困りの方へ

上記の方法だと電話の機種やサービスによっては対応できないものもあります。

たまたまその会社で使っている機種が対応していたので着信拒否できましたが、出来なかった事を思うとゾッとします。

ってか掛けてくる電話番号変えてしまえばまた同じような対応を強いられるんじゃないかなぁといまさら思い返してみたところです。

幸いなことにその後同じような迷惑電話が掛ってくることはありませんでした。

電話の向こうの相手からしたら電話番号を変えられたと思ったのかもしれません。
さすがに相手の電話番号が分からなければ掛ける事が出来ないと思うでしょうからね。

それでも電話を掛けてきたら真の絶対にあきらめない迷惑な営業電話となることでしょう(笑)

まぁ↓のような本もあるので、まだまだ電話営業は無くならないでしょうねぇ。
しかし迷惑な電話はやめてほしいものです。

 - 雑記

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ネットワークビジネスはこうしてやってくる!

世の中にはネットワークビジネスとかマルチ商法とか存在しているのですが、実際自分が …

地元民である私が思う大河ドラマ「西郷どん」の方言、薩摩ことばについて

ここ数年大河ドラマを欠かさず見ているのですが、自身の出身である鹿児島を題材とした …

客が店を選ぶのと同じように店も客を選ぶべき

少し前にラーメン店でネギ食べ放題で炎上した記事がありました。 ネット上では客が悪 …

人気商品の価格高騰、プレミア価格に苦しむ消費者、転売屋は悪なのか

転売で世の中にプレミア価格になっているものが多数存在します。 ほしいと思った商品 …

自転車が風で倒れて車に傷が付いた場合の損害賠償はどうなる?

先日コンビニに訪れた際に自転車を入口付近に止めていたときに起こった出来事です。コ …

寝たきり寸前の認知症から回復した祖父について

私の祖父母で存命しているのは母方の祖父ひとりとなり、そんな祖父も2018年3月で …

no image
楽して儲かるなら苦労せんわ!

ネットを徘徊していると未だに楽して儲かりまっせ的な広告を見かける 「楽して儲かる …

100万円の漁師

実家の居酒屋で飲んでいたお客さんがしてくれた話をご紹介したいと思います。 私の地 …

踏切の緊急ボタンを押したときの話

踏切の緊急ボタンって赤くて丸くて、いかにも押してくれ~って風貌ですが、普段は決し …

はじめて自社サイトを作って運営した当時を振り返って

自社サイト制作 私が社会に出て最初に勤めた会社はデパートの催し物の設営をメインと …